分譲・賃貸、どちらがお得!?

This post was written by admin on 4月 10, 2014
Posted Under: 住まい

分譲・賃貸どちらがお得か?
これについては昔からさまざまに論じられてきました。
住宅は金融商品と同等に扱われやすいですが、当然金融商品と同じではありません。特に庶民にとっては金融商品として考えられるほどの資産の余裕も選択肢もないのが現状です。

例えば、「賃貸派」は同じ2000万なり3000万なりのマンションを、分譲で35年間ローンを払い続けるのと、借りて賃貸料を払うのでは、賃貸の方が総額500~800万近くお得なので「今の時代は賃貸がおすすめ」といいます。
が、実際のところ2LDK以上のファミリー賃貸物件というものは単身用に較べ、極端に数が少なくなります。また、設備にしても、防犯にしても世論で10%以上賃貸の方が不満が大きく、同じ値段だからといって単純に比べることは難しいことになります。
また、安くていいファミリー賃貸物件など都心でみつけるのが困難だったり、かなり競争率が激しかったり…という問題もあるかもしれませんね。

このように、いろいろなケースがありますので、低金利の今、家を買おう、あるいは買うお金がないから不満を持ちつつも今の賃貸に住まざるをえない、など、選択に迷う方も多いのではないでしょうか。
一部の裕福層を除く一般の人々は、どちらがお得か、ではなく、どちらかよりよい方を選択せざるを得ないのです。

人生はいろんなことが起こります。あなたが引っ越したくても家族は反対する、あるいはその逆が起こるかもしれません。家族そのものがどうなるかもわかりません。住宅が金融商品と同じに考えられないのはそのためです。
資産価値や金利のみで比較しているような論説や記事は鵜呑みにしないように。

Add a Comment

required, use real name
required, will not be published
optional, your blog address